卓越した鍼灸師を目指して

五枢会難病重症攻略セミナー

パーキンソン病の鍼灸治療

 

圧倒的な知識と技術を身につける

 

 

パーキンソン病の鍼灸治療

以下のようなことでお悩みはないですか?

☑他店舗と差別がしたいがどうしたら良いかわからない。

☑他院ができないような専門家になりたいが方法論が分からない

☑現代医学では治療が困難な疾患に鍼灸を活用したい

☑経営の基盤となる鍼灸を身に着けたい

 

もうご安心ください! 

 

 五枢会難病重症セミナーではこのような状態を解決します。

 パーキンソン病の鍼灸治療セミナーに参加することによって

 

 ☑パーキンソン病についての知識を身に付け、専門家の鍼灸師になることが出来る

 ☑パーキンソン病についての鍼灸技術を習得して、卓越した鍼灸師になることが出来る

 ☑パーキンソン病に特化した、差別化された鍼灸院にすることが出来る

 

パーキンソン病の鍼灸治療コース

開催日:  

11月3日(木祝)9:00~12:30 

11月20日(日)9:00~12:30

 

*若干変更の可能性があります。

          注 成果には個人差があります。

パーキンソン病の鍼灸治療創設の理由

パーキンソン病は難病に指定されている疾患です。現代医学ではL-ドーパなどの薬物療法を行っておりますが、あくまでも対症療法であり、時間の経過とともに症状が進行していくのが現状です。

 

 また、薬物療法を受けていても、身体の動きが良くない、指の動きが悪い、バランスが悪く転倒しやすい、腰痛や関節痛があるなど様々な症状が残存しております。

 

 鍼灸治療では上記症状の改善を行う事が可能です。また症状の進行を抑制することが可能ではないかと考えられます。なぜなら、実際の症例において、鍼灸治療を開始してから症状の進行が見られなくなることと、薬の量が増えにくいということが挙げられます。

 したがって鍼灸治療はパーキンソン病の患者さんのQOLの向上と車イス・寝たきり状態になることの抑止効果があると考えられます。

パーキンソン病専門家とは

パーキンソン病の鍼灸治療が出来るだけではなく、パーキンソン病に関して幅広い知識が必要と考えております。

パーキンソン病の患者さんは1人1人症状が異なり、様々な症状を訴えます。それぞれの症状に対応して治療できるようにする必要があります。

パーキンソン病についての知識では、パーキンソン病の症状・パーキンソン病の病態・パーキンソン病の診断・パーキンソン症候群について・ベッドサイドでの検査法・薬物療法の効果と副作用・ウェアリングオフ現象・パーキンソン病と認知症の関連についてなどです。

 

パーキンソン病の鍼灸治療詳細

セミナータイトル

パーキンソン病の鍼灸治療

 

第1回 11月3日(木祝)9:00~12:30

1.パーキンソン病の症状・病態

2.パーキンソン病の東洋医学的診断

3.パーキンソン病の鍼灸治療(1)全体治療

4.実技(1)全体治療(動作改善、便秘、不良姿勢)

5.質疑応答

 

第2回 11月20日(日)9:00~12:30

1.パーキンソン病の現代医学的診断

 (パーキンソン症候群、レビー小体型認知症)、検査法

2.パーキンソン病の現代医学的治療(種類、副作用)

3.パーキンソン病の鍼灸治療(2)症状別治療(構音障害、ふらつき、巧緻障害、腰痛、すくみ足、足のつり)

4.実技(2)症状別治療

5.質疑応答

 

若干変更の可能性があります。

 

受講料

11月3日(木祝)と11月20日(日)両日で60,000円+税( 66,000円)

動画付き

*定員は4名(定員になり次第締め切ります)

 

開催方法

ハイブリット(会場とオンライン両方で開催)

会場 自由が丘ムトウ針灸院  東急東横線・大井町線 自由が丘駅から徒歩4分

東京都目黒区自由が丘1-13-14  自由が丘スカイビル703号

オンライン Zoomで開催

 

持参するもの(会場参加者)

白衣、筆記用具、マスク

*必ずマスクを着用して下さい。

*発熱・呼吸器症状のある方の会場参加は不可です。

(オンラインへの切り替えは可能です。)

 

用意するもの(オンライン参加者)

鍼、艾、線香

 

申し込み

締め切りました。

 

キャンセルポリシー セミナー申し込み後7日以内は、キャンセルが可能で全額返金します。セミナー開始7日以内に申し込んだ場合は返金できません。、振込手数料はご負担願います。

 

申込締切:2022年10月27日(木)

締め切りました。

 

お問い合わせはこちらをクリック

その際、電話番号も記載してください。

五枢会 事務局 

TEL:050-3375-5457 FAX:03-6421-4117

〒152-0035 東京都目黒区自由が丘1-13-14 自由が丘スカイビル703号 自由が丘ムトウ針灸院内 

E-mail  5su@muto-shinkyu.com

代表プロフィール

武藤由香子

五枢会代表 講師

1981年  日本鍼灸理療専門学校卒業。鍼灸師免許取得

1983年  日産玉川病院東洋医学内科に入り、代田文彦医師(元・東京女子医大教授)に師事。入院患者の治療・外来患者の治療の他、陣痛誘発・逆子の治療・卒後教育として研修生の指導にも携わる   

1987年~2016年 日本鍼灸理療専門学校講師

2002年   自由が丘ムトウ針灸院開院 全日本鍼灸学会会員

2011年~ 卒後研修「五枢会」を主宰。鍼灸師の卒後研修セミナーを開催している。

◇資格

1981年  鍼灸師免許

1985年  鍼灸専門学校教員資格

2008年  上級救命技能認定

2009年  JFACE認定アドバンス美容鍼灸師

2015年    認知症Gold-QPD鍼灸師

2020年  鍼灸学修士

 

◇主な著書
図説東洋医学 鍼灸治療編  学習研究社

臨床鍼灸生情報 医道の日本社

鍼灸osaka vol5.3/1989.9.頭痛の治療

鍼灸osaka vol10.No3/1994.Aut.眼科疾患(ドライアイ・老眼)

鍼灸osaka vol10.No4/1994.Wint.更年期障害

鍼灸osaka vol15.No3/1999.Aut.産科疾患(陣痛誘発・乳汁分泌不全)

臨床針灸vol3.No2.1986.10.Trigger Pointを使った頭痛治験例

臨床針灸vol8.No1.1992.8.陣痛誘発の治療と適応

 

会場

 自由が丘ムトウ針灸院のご案内

 住所 東京都目黒区自由が丘1-13-14  自由が丘スカイビル703号

 アクセス 東急東横線・大井町線 自由が丘駅徒歩3分

 

   

五枢会セミナー事務局

東京都目黒区自由が丘1-13-14  自由が丘スカイビル703号 自由が丘ムトウ針灸院内

 

お問い合わせ  050-3375-5457