自由が丘ムトウ針灸院で腰痛専門の鍼灸

腰痛で苦しむ生活から元気で仕事を楽しむ生活へ

軽い腰痛から重症の腰痛まで施術

運動や自宅施灸のアドバイスも

腰痛をサポート

 

自由が丘ムトウ針灸院

東京都目黒区自由が丘1-13-14自由が丘スカイビル703

東急東横線・大井町線自由が丘駅徒歩3分

無料カウンセリング・ご予約はこちら 03-6421-4117

受付時間 月・水・金 10:00~19:00、土 9:00~18:00

祝日は開院

休業日 火・木・日

予約優先 土曜祝日も受付

 

 

★腰が痛くてスムーズに動けない

★朝、腰が痛くて起きるのが辛い

★座っているとだんだん腰が痛くなる

★重いものを持つのが怖い

★家事をすると、すぐに腰が痛む

★下肢に痛みやしびれがある

★腰痛の保存療法をしているが、効果がでていない

★腰痛のため手術をすることになるのではと不安である

自由が丘ムトウ針灸院は、
つらい腰痛から早く解放される施術を考え、
患者様のご要望にも極力対応するようにしています。

 

 

軽い腰痛から重症の腰痛まで施術

 

 

 

腰痛の再発防止のための 運動や自宅施灸のアドバイス

 

 

腰痛で苦しむ生活から
元気に仕事をして趣味を楽しむ生活へ

 

こんにちは。自由が丘ムトウ針灸院の武藤由香子です。
毎日治療をして感じるのは、腰痛で悩んでいる方が多い
ことです。腰という字は「体のかなめ」という意味がありますが、
腰が痛んだり、動きが悪いと体全体の動きが制限されてしまい、
とても辛いことと思います。

 

腰痛のために、
生活・仕事・家事に支障はありませんか?

 

もしそうならば、QOL(生活の質)が低下している状態です。
QOLが高い状態とは、仕事や家事をしっかりこなすだけではなく、
趣味やスポーツも楽しむことが出来る
「人生をエンジョイしている」状態です。

 

腰痛があると仕事や家事の途中で痛みがでたり、
趣味やスポーツができなかったりします。

 

この状態が長く続くと「やりたいことが出来ない辛い人生を過ごす」
状態になってしまいます。

 

人生の質を高めたいー仕事や家事ができるだけでなく、
趣味やスポーツも楽しみたいーとかんがえていらっしゃになら、
是非鍼灸をされることをお勧めします。

腰痛のために、やりたいことをあきらめることを止めませんか?

自由が丘ムトウ針灸院では、軽い腰痛(筋肉のこり・緊張が原因)から
重症の腰痛(腰椎椎間板ヘルニアや変形性脊椎症)まで施術を行っています。

また、必要な方には、腰痛の再発予防のための運動や、
自宅オ施灸(健康管理の一環としてご自分でお灸をしていただくこと)の
アドバイスもさせていただいています。
私どもは、辛いよ腰痛からは書く解放される施術を第一に考え、
患者様のご要望にも極力対応するようにしております。

 

鍼灸をお勧めする理由

 

整形外科での治療は鎮痛剤か手術

腰痛などの痛みに関連した疾患では一般的に鎮痛剤が処方されます。しかし、鎮痛剤は根本的に直す治療ではありません(痛みを抑えるだけです)。

整形外科で根本的に直す治療は手術になります。

 

自由が丘ムトウ針灸院では手術や薬に頼らず、本質的に腰の状態をよくすることのできる一番の近道が鍼灸だと考えています。

 

鍼灸は、痛みを軽減させるだけでなく、腰を支える筋肉の働きを高めたり、腰痛の原因となっている内臓の不調に働きかけることも出来ます。

 

なぜこれらのことが出来るのかというと、
本来私たちの体に備わっている「自然治癒力」を促しているからです。

 

薬に頼るのではなく、「自然治癒力」を呼び覚ます!

現代医学の発展はまざましいものがあります。知識体系が膨大になり、各診療部門が細分化して来ました。そのため、人間をミクロの存在(分子レベル・細胞レベル・臓器レベル)としてとらえることには成功しましたが、人間をマクロな存在(各臓器・機関がつながり、連携している存在)ととらえることが困難となってしまいました。

例えば、感染症では抗生物質、痛みがあれば鎮痛剤、アトピー性皮膚炎では副腎皮質ホルモンを出すというように薬を使わないと病気を直せないような錯覚に陥っています。

しかし「本来、私達の体の中には病気を治す力が備わっている」のです。

私たちの脳内にあるエンドルフィンという物質は痛みを緩和し、白血球は病原菌をやっつけたり組織の損傷を修復したりしています。副腎皮質ホルモンは副腎から分泌され、炎症を抑えています。涙・唾・鼻水にはリゾチームが含まれ抗菌作用があります。

いつも車やエレベーターに乗ってばかりいると足腰が弱るように、いつも薬に頼ってばかりいると人の体は「楽(ラク)」を覚えてしまい、自分の病気を治す力=自然治癒力が弱ってしまいます。

鍼灸で病気が良くなる理由は、「自然治癒力」を活性化するためです。

 

自由が丘ムトウ針灸院の施術内容
                       効果効能には個人差があります。

1.痛みのサポート
鎮痛作用のある施術を行います。ハリをすると、脳からエンドルフィン(痛みを軽減する物質)が分泌されることが科学的に解明されています。

 

2.腰部の筋肉の緊張度を調整
腰痛がある場合、腰部の筋肉が過緊張状態(ガチガチ)になっていたり、逆に弛緩傾向(緩みすぎ)になっていることがあります。

急性腰痛(ぎっくり腰)では、筋肉の過緊張状態が強くなっているため、その緊張をやわらげる施術による腰の痛みが緩和します。

慢性腰痛では、腰は腹部の筋肉、特に腹筋・腸腰筋(腰部の深部筋)がゆるんでいることが多く、そのため効果的に腰を支えることが出来ない状態になっています。

このタイプの方は、腹筋運動を行てもなかなか黄河が出ない・胃腸が弱いなどの特徴があります。胃腸の働きを高める施術を行うことにより、筋肉の弛緩傾向(ゆるみ過ぎ)も緩和されます。

 

3.腰痛になりやすい骨格を矯正する
椎間板ヘルニアや難治性の腰痛では、ほとんどのケースで脊椎に歪みがあります。このゆがみを改善することで症状も改善していきます。痛みがなくなっても、骨格が歪んだままでいたら、時間とともにまた同じ症状を繰り返します。痛みをとることは大切ですが、痛みを緩和するだけでは根本的な施術にはなっていないのです。

4.腰部への血流へのアプローチ
同じ姿勢を続けることに出現する腰痛では血流障害を伴っており、腰部の血流が改善されると症状も緩和します。
変形性脊椎症(腰の骨が変形する)は老化現象で起こるので治らないと整形外科で言われますが、腰部の血流が改善されると、痛みやこわばり感が緩和します。

 

5.腰痛の予防
腹筋・腸腰筋を支える力を高める施術を行います。自宅で簡単にできる運動の指導やお灸の効果的な利用法をお教えします。

6.内臓の不調が原因の腰痛の施術

内臓の不調が腰痛の原因となるこがあります。
最も多いのは胃の不調です。胃がもたれる・腹痛などを伴うことが多いです。胃の不調が原因となり、背部のこりが出現し、腰痛につながります。

次に多いのは月経に伴う腰痛です。
骨盤内の循環を改善したり、腰部の筋肉の緊張を緩和する施術で症状が緩和します。

 

7.妊娠中の腰痛の施術
妊娠すると腹部が大きくなり腰が反るため、腰痛を起こし易くなります。腰の筋肉の緊張を緩和する施術を行います。
反り返った腰の矯正体操も指導しています。

 

自由が丘ムトウ針灸院と他の治療院はどこが違うのか?
                  効果効能には個人差があります。

1.痛み・動作のサポート

痛み・動作の軽減を目指す施術を行っています。
腰痛のタイプとしては、姿勢性腰痛(筋肉を支える力が弱いタイプの腰痛)・変形性脊椎症(腰の骨が変形しているために起こる腰痛)・腰痛椎間板ヘルニア(腰の骨と骨の間にある椎間板が出て、神経を圧迫する)が含まれます。

 

2.施術直後の変化が感じられる

痛みや筋肉のこりや動作の制限が緩和します。

同時に背部や腰部の筋肉のこりも軽減します。

また、前かがみになりにくい(筋肉が原因の腰痛の特徴)、後ろに反りにくい(椎間板ヘルニアなどの特徴)という動作の制限も緩和します。

 

3.体質改善をサポート

痛みを取るだけではなく、腰痛の原因を取り除く治療を行なっています。
腰痛の原因は、①筋肉を支える力が弱い、②背骨にゆがみがある、③腰部の血流が悪い、④内臓の不調です。

全ての原因に対し、治療を行なっていきます。

 

4.トータルサポートをしている

自由が丘ムトウ針灸院では治療だけではなく、病気の予防の指導・健康に関する情報発信にも力を入れています。

 

・腰痛の予防の指導

腰痛の予防として、自宅施灸の指導と運動の指導を行なっています。自宅施灸により、腰痛になりにくい体作りを目指します。運動の指導では、腹筋運動を中心に行なっています。

 

・健康に関する無料メールマガジン発行

健康に関する情報をメールマガジンとして発信しています。治療中の方から良く出る質問に対する回答や自宅でできる健康法などをお知らせしています。

 

健康に関する小冊子を発行

東洋医学や健康・自由が丘ムトウ針灸院の治療法に関する情報を小冊子にまとめて発行しています。

 

自由が丘ムトウ針灸院 通院サポート

 

自由が丘ムトウ針灸院では安心して、継続して通院できるために以下のサポートをしています。

 

☆予約診療制

 

 待たずに施術を受けられます。

 

☆土曜・祝日も受付

 会社勤めの方も安心して施術を続けられます。

 

☆回数券あり

 Sコース・Aコースとも、4回券、8回券、12回券の回数券があります。

 

☆ディスポ(使い捨て)ハリ使用

 すべてのハリは使い捨てです。したがってエイズや肝炎などが感染することはありませんのでご安心下さい。

 

☆女性鍼灸師だから安心

 女性鍼灸師なので、腰痛と関連する婦人科疾患の相談(生理痛など)も安心してできます。

☆施術着の用意

 施術着を用意しております。

 

☆急患の受付

 急性症状で辛い方に対しては、極力当日に施術を行なう方針です。

 

初めて受診される方への特典

自由が丘ムトウ針灸院から初めて治療される方へ3つの特典を用意しました。

1.「腰痛改善8つのポイント」の資料プレゼント

2.腰痛診断シート作成

1)腰痛のタイプのチェック

2)体質傾向のチェック

3)治療回数・期間を予測

3.小冊子「健康へのガイドブック」進呈

 

 

患者様の声

 

腰痛がなおり、歩けるようになりました   50代 女性

小学生の頃より腰痛持ちでした。成人後、突然腰部に歩けないほどの激痛が起こり、整形外科にて腰椎椎間板ヘルニアと診断されました。入院し、神経ブロック注射も受けたものの痛みは取りきれませんでした。整形外科ではこれ以上の治療はできないと言われ退院しましたが、歩くことができないため移動は車椅子、トイレもお風呂も介助がなければできない生活でした。あるときテレビ

で鍼灸を観たのをきっかけに、通院するようになりました。

自由が丘ムトウ針灸院で治療を受け、徐々に足に力が入り歩けるようになりました。腰痛もほとんどなく無理がきくようになり、東洋医学の凄さを実感しています。

腰痛と同時に体質改善の治療も受けたおかげで、腰痛だけでなく体の他の症状も良くなりました。

それまでは汗をかくことがなく、体が冷え、風邪をひきやすくてのどの痛みが取れませんでした。けれども、体質改善の治療を受けてからは、自然に汗が出て、のどの痛みもなくなり、体のバランスが整っていることを実感しています。

注:患者様の声は個人の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

 

仕事で無理が効くようになりました  40代女性

高校時代より腰痛があり、のちに脊椎分離症の診断を受けました。低気圧や疲労、日常のちょっとした動作で痛みが出現します。特に出産後は子供を抱いたりすることで悪化したため、身内のすすめもあり、初めて鍼灸の治療を受けました。

治療を受け、4ヶ月で痛みはほとんどなくなりました。その後時々痛みがぶり返すことがあったものの、現在はほとんど気にならなくなりました。発症当時よりも現在の方が、仕事で無理をすることがあるのですが、腰痛が起こることはなく過ごしています。

注:患者様の声は個人の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

 

圧迫骨折のひどい腰痛はなくなりました  70代女性

腰椎圧迫骨折のためひどい腰痛となり、友人にすすめられて鍼灸の治療を受けました。最初は痛みのため、治療のベッドに上がるのも大変でした。けれども1週間から10日おきに治療に通うと、じわじわと効果が出はじめ、5ヶ月経つころには痛みはそれほど気にならなくなっていました。

 

注:患者様の声は個人の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

 

これは効いた!!”という手応えを感じました 60代 男性

もともと、背中のこりが強く、背中に鉄板が入っているような重だるさを感じていました。ひどくなると腰から背中全体にまで広がり、仕事中に集中力が低下することもありました。マッサージやカイロ、その他、良い治療があると聞けば受けに行ってはみたものの、これというものには出会えませんでした。

 30代の時にぎっくり腰になり、T病院にて椎間板ヘルニアの診断を受けました。その時、東洋医学内科をすすめられて武藤先生の針灸治療を受けたところ、“これは効いた!!”という手応えを感じました。

これまでに針灸治療を受けたこともありましたが、針がこんなに気持ちの良いものだと感じたのは初めてでした。何度か治療を受け、腰の痛みも背中の重だるさも改善したので、一旦治療を終了したものの、あの辛さを二度と味わいたくないという思いと、健康維持のため、現在も定期的に通院しています。

注:患者様の声は個人の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

 

良くある質問

Q1.ハリは痛くないですか。

A1.ハリの太さは髪の毛くらいですのでほとんど痛みがありません。どうしても鍼が怖い方には  小児用のハリから始めていただいています。

 

Q2.灸は熱くないですか。やけどにならないですか。

A2.もぐさの大きさは米粒の半分くらいでとても小さなものです。したがってさほど熱くありません。お灸の跡を絶対つけたくない方には、灸点紙(熱を緩和するもの)の使用をお勧めしています。

 

Q3.ハリでエイズや肝炎にかかることはないのですか。

A3.当院ではすべてのハリをディスポ鍼(使い捨てハリ)にしています。したがってエイズや肝炎などが感染することはありません。

 

Q4.体質改善とは何ですか。

A4.その人の体質の弱いところを改善する施術です。

 体質を改善するには主に4つの方法があります。

1)元気を補う方法

元気がなく、疲れやすい、胃腸が弱い方の施術です。お灸が中心となります。

治療を続けていると、はつらつとして来て、活気が出てきます。胃腸の働きも改善し、風邪をひきにくくなります。 

2)緊張を緩和する方法

常に活動モードで緊張が強い方への施術方法です。

活動モードが強過ぎる(交感神経優位状態)と、動悸・イライラ・不眠などの症状が現れます。

緊張を緩和する施術によってこれらの症状が回復します。

3)血液の循環を改善する方法

婦人科疾患(更年期障害・月経困難症など)・心疾患・脳血管障害などでは血液の循環不良を伴っていることが多く、血液の循環を良くする施術方法を行ないます。

4)体内の水分のバランスを調整する方法
気管支喘息・メニエル病(症候群)・冷え性の方は、痰飲といって水分バランスの良くない状態(むくみなど)になっていることが多いです。

水分バランスの偏りを改善する施術方法によって症状が回復します。

 

Q5.施術はどのくらいの間隔で行なったら良いですか。

A5.最初の2~3回は1回/3日位、その後1回/7~10日位が理想的です。

 

Q6.施術を開始してから良くなるまでに何回くらい通えば良いですか。

A6. 全て個人差はありますが目安は、急性腰痛では3~12回位、慢性腰痛では10~25回位です。同じ腰痛でも原因によって治療回数が異なります。筋肉が原因のものは早く良くなり、変形があるもの・椎間板ヘルニアがあるものは時間がかかる傾向があります。

 

Q7.症状が改善した後、施術は続けた方がいいですか。

A7.症状が改善した後施術を中止しても、症状が出たり体調が悪くなる恐れがなければ中止して差し支えありません。 10代・20代の方や、30代以降でも、特に体質に問題がない方がこのケ-スに相当します。

30代以降で、仕事がハ-ドな方・体調を最高の状態で保ちたい方・体力のない方・虚弱な方・現在病気治療中の方は定期的に(1回/10日~1回/2週)施術を受けることをお勧めします。

 

Q8.どのタイプの腰痛が鍼灸治療の適応症ですか?

A8.適応症と一部適応症があります。

1)適応症

①急性腰痛(ギックリ腰):少しでも動くと痛む。痛みで動けない。

②筋肉が原因の腰痛:動作時に痛む、同じ姿勢で座っていると痛む。

③変形性脊椎症:動き出しが痛む、動作時に痛む。レントゲンで診断がつきます。

④椎間板ヘルニア:咳やくしゃみで腰に痛みが出る、下肢の痛み・しびれを伴います。MRIで、診断がつきます。

 

2)一部適応症

①脊柱管狭窄症:歩行を続けていると歩けなくなり、止まって前かがみになると楽になり、再び歩ける。軽症では改善する場合もあります。MRIで、診断がつきます。

②癌の骨転移:自発痛(横になっても痛む)がある。痛みを改善することは可能です。レントゲンで診断がつきます。

 

追伸

1.回数券の使い方

良く最初に回数券を買うかどうか迷われる方がいらっしゃいますが、ほとんどの疾患(寝違えを除く)は4回以上かかりますので、4回券を買っていただいた方がお得だと思います。

また、腰痛が改善した後も予防で通院する予定であれば、8回券の購入をお勧めします。

 

2.無料カウンセリング

治療を受ける前に無料で電話相談することが出来ます。今の症状が鍼灸の適応かどうか・治る見込みがあるか知りたい方はご相談下さい。

 

自由が丘ムトウ針灸院のご案内

 

住所 東京都目黒区自由が丘1-13-14  自由が丘スカイビル703号

アクセス 東急東横線・大井町線 自由が丘駅徒歩3分

地図

 お問い合わせ・ご予約 03-6421-4117

 施術時間

曜日 午前 午後
月・水・金(祝日は開院) 10:00~12:30 14:00~19:00
9:00~12:30 14:00~18:00

休診日 火・木・日(2018年4月から)

 

施術費  

初診料 2,160円

施術費

4,860円(Aコース):腰痛のみの施術。

Aコース院長指名料1,080円(2018年4月から)

6,480円(Sコース):腰痛以外に複数の症状がある場合

 

初めて受診される方への特典

「腰痛改善8つのポイント」の資料プレゼント(メルマガ会員登録必要です)

 

回数券 

施術を継続される方のために用意しました。

 

4回券

8回券

12回券

Aコース(平日用)

18,468円

35,964円

52,488円

Aコース(全日用)

18,954円

36,936円

53,946円

Sコース(平日用)

24,624円

47,952円

69,984円

Sコース(全日用)

25,272円

49,248円

71,928円

 

*回数券の有効期限は、4回券は3ヶ月、8回券は6ヶ月、12回券は9ヶ月です。

*平日回数券は平日PM4:30まで使用できます。

*全日回数券はすべての曜日・時間で使用できます。

 

 

院長プロフィール

1981年鍼灸師免許取得。

自由が丘ムトウ針灸院院長、卒後研修「五枢会」代表、元日本鍼灸理療専門学校講師

 

「体質改善」、「トータルサポート」を治療院のモットーにしている。鍼灸院院長の他、独自の治療法を後進の鍼灸師に指導している。

略歴

1981年  鍼灸師免許取得

1983年  日産玉川病院東洋医学内科に入り、代田文彦医師(元・東京女子医大教授)に師事    

1988年~2016年 日本鍼灸理療専門学校講師

2002年  自由が丘ムトウ針灸院開院

      全日本鍼灸学会会員

2011年  治療セミナー「五枢会」を主宰する。

 

資格

1981年  鍼灸師免許

1985年  鍼灸専門学校教員資格

2008年  上級救命技能認定

2009年  日本美容鍼灸マッサージ協会認定アドバンス美容鍼灸師 

2015年    認知症Gold-QPD鍼灸師

 

 

主な著書
図説東洋医学 鍼灸治療編  学習研究社

臨床鍼灸生情報 医道の日本社

鍼灸osaka vol5.3/1989.9.頭痛の治療

鍼灸osaka vol10.No3/1994.Aut.眼科疾患(ドライアイ・老眼)

鍼灸osaka vol10.No4/1994.Wint.更年期障害

鍼灸osaka vol15.No3/1999.Aut.産科疾患(陣痛誘発・乳汁分泌不全)

臨床針灸vol3.No2.1986.10.Trigger Pointを使った頭痛治験例

臨床針灸vol8.No1.1992.8.陣痛誘発の治療と適応